自宅でマインクラフトサーバを立ち上げる!

マイクラやってみたい!ということでサーバを立ち上げてみました。

サーバのセットアップ環境は以下の通り
OS:Ubuntu 18.04.4 LTS
JDK:openjdk version “11.0.6”


まず、マインクラフトサーバ本体を入手します。
https://www.minecraft.net/ja-jp/download/server/ から minecraft_server.1.15.2.jar をダウンロードします。ダウンロード直後はserver.jarであるため、minecraft_server.1.15.2.jarにリネームします。

server.propertiesのonline-modeをfalseをしないと本家のアカウント認証に接続してしまうので、修正しておきます。

https://minecraft-ja.gamepedia.com/チュートリアル/サーバーのセットアップ
を参考にセットアップします。私はminecraftというユーザを作成し、/home/minecraft/minecraft_serverディレクトリにサーバ関連のファイルを配置しました。

サービスとして起動できるように、起動シェルとユニットファイルを作成し、サービスとして起動します。

# cat /home/minecraft/minecraft_server/mcStartup.sh
#!/bin/bash
/usr/bin/java -Xmx1024M -Xms1024M -jar /home/minecraft/minecraft_server/minecraft_server.1.15.2.jar nogui
# cat minecraft_server.service
[Unit]
Description=Minecraft Server
After=network-online.target

[Service]
ExecStart=/bin/bash /home/minecraft/minecraft_server/mcStartup.sh
WorkingDirectory=/home/minecraft/minecraft_server
Restart=always
User=minecraft
Group=minecraft

[Install]
WantedBy=multi-user.target

サーバができたところで、マイクラのクライアントを入手し、ランチャー(https://mc-launcher.com/ や https://mcleaks.net/authenticator)も用意します。

ランチャーからマイクラを起動します。
マイクラランチャーマイクラクライアント
マルチプレイを選択し、起動しているサーバをクリック!

動きました!

com.apple.warmdを無効にするよ!

ぼくのmacはSSDを利用していないので、com.apple.warmdを無効にするよ!

まず、command+Rで起動します。

その後、レスキュー画面が表示されるので、メニューバーからコンソールを起動します。

コンソールで、
csrutil disable
とします。これで、SIP(System Integrity Protection)が無効化されます。
その後、再起動します。

再起動後、
sudo launchctl unload -w /System/Library/LaunchDaemons/com.apple.warmd.plist
と打って、com.apple.warmdを無効にします。

もう一度、再起動して、warmdというプロセスが存在しなければ、無効化完了です。
再度、command+Rで起動で起動し、
csrutil enable
でSIP(System Integrity Protection)を有効にしておきましょう。

めでたし、めでたし。

稼働中のwin7をまるごとVirtualBoxに移行する

稼働中のwindows7をまるごとVirtualBoxに移行できないものかとググってみると、方法があったので、実践してみました。

1.Disk2vhdをダウンロードする。
これは、現在稼働中のOSをvhd形式に変換するツールでMSからDLできました。
http://download.sysinternals.com/files/disk2vhd.zip

2.vhdに変換する
disk2vhd.zipを展開後、exeを実行します。下記の画面が表示されますが、VirtualBoxで利用するため、useVhdxのチェックは外してCreateボタンを押します。

3.MacOS上のVirtualBoxに持ってきて起動してみる。
できたvhdファイルが起動できるか、MacOS上のVirtualBoxに置いて起動してみます。

普通に起動できました!

htmlページ内の利用していないclassを抽出する!

クラスを抽出!

今回、html内で利用していないclassを探して、htmlをキレイにする企画があり、大量の膨大なhtmlをチェックする為、shellでチェック処理を作成してみました。

#!/bin/bash

outputFile="./notUsedClassName.result"

echo "" > ${outputFile}

for file in `\find . -name "*.html" -type f`; do
    # TODO
    echo "[${file}]" >> ${outputFile}
    pathName=$(dirname ${file})

    # そのページで読み込んでいるclassを抽出
    classArray=($(egrep -o -i -h "class=\".*?\"" "${file}" | sed -e 's/[^"]*"\([^"]*\)".*/\1/' | sort | uniq | tr '\n' ' '))
    delClassArray=${classArray[@]}
    echo "class -> [${delClassArray[@]}]" >> ${outputFile}

    # そのページで読み込んでいるCSSを抽出
    cssFileArray=($(egrep -o -i -h "href=\".*?\.css\"" "${file}" | sed -e 's/[^"]*"\([^"]*\)".*/\1/' | tr '\n' ' '))

    for i in ${classArray[@]}
    do
      classUsed=0

      for j in ${cssFileArray[@]}
      do

        if [[ ${j} =~ ^/ ]]; then
          tmp=.${j}
        else
          tmp=${pathName}/${j}
        fi

        echo "${j} ${i} ${tmp}"

        dummy=$(grep -o -i ${i} ${tmp})
        ret=$?

        echo ${i} ${j} ${ret}

        if [ ${ret} = 0 ]; then
          classUsed=1
          break
        fi

      done
      if [ ${classUsed} = 0 ]; then
        echo "class not used ${i}" >> ${outputFile}
      fi
    done


done

結果後にhtmlの置換などの処理を入れたげれば、一括置換処理にも利用できるかと思います。ご自由にご利用ください。

オカルト的なサイトを見つけてしまった・・・

知的好奇心の扉 トナカ
http://tocana.jp/

私の中では、ムーという雑誌がまさにオカルト的な存在だったのですが、ネット情報誌?でもこういうサイトがあるんですね。知らなんだ。

ちなみにムーもウェブ版がありました。
http://gakkenmu.jp/